jamjam

月曜日, 7月 11, 2005

もうひとつ

お試し書きではありますが
今日もあんまりいい天気ではありません。

うぬ?

おためし書きがつづく

これでいいか

地域とか言語とかちゃんと設定してなかったね(笑)

mixiがあるので

こちらには書きにくくなってしまったかなぁ。

2日ほど前、路地で双子の白ねこを見た。
1匹はさっと逃げたけれど、もう1匹がなごりおしそうに
じっと私の顔をみつめていた。
連れて帰ってもねぇ、むつかし。

月曜日, 6月 27, 2005

朝は涼しかった

今日の朝は6時30分くらいに起きたのですが、
朝のうちはとってもさわやかな風が吹いていて、
涼しかったです。でもいまは暑い。それでもちょっと
曇がちではあるので、自転車ででかけてもましかもしれん。

隣の隣の家の白猫ちゃんは

なんと!道路の真中で大の字になって昼寝をしていた。
この猫ちゃんは1日に1度、我が家を訪問してくれる。
せっかくきてくれるから、ちょっと遊んでもらおうと思うのですが、
少しでもいじろうとすると、ふううううっ!とものすごい声をあげて
怒るのである。それなのに、なんで日に1度やってくるのかと思う
けれど、どうやらうちはその白ちゃんの見張のなわばりに入っている
らしいのだ。うちでは白ちゃんと呼んでおりますが、ほんとうの名前は
ビアンカという名前なのです。

土曜日, 6月 25, 2005

猫ちゃんが

ほんとに暑そうでのびきってます。

お試しかきこみ

なぜ空白ができるのかな?
私のページはここよ

真夏日

ふうう、暑かった。まだ暑いけれど。
どうやら今日は35度をこえるような暑い日だったようだ。
午後からの風は熱風まがい。

さて、今日の京都サンガと甲府戦、3ー2で京都の勝利。
これで勝点47
今日の西京極はそりゃ暑かっただろうなぁ。
来週からは夜の試合になりそう。
がんばれサンガのメモページ

水曜日, 6月 22, 2005

降りそうで降らない

雨が降りそうなのに、降らないねぇ。

火曜日, 6月 21, 2005

万博公園

阪急南茨木からモノレールで万博公園に行ってました。国際児童文学館に用事があって。東口の駅で降りて児童文学館まで、だ〜れもいない。静かすぎて気持ち悪いくらいね。歩いて10分くらいはかかりますか。暑かった。。。。
土日は混んでいるかもしれないけれど、今日は平日だし、思った通りほんとにだーれもいなくて、静かで、よかったです。2階の閲覧室で十数冊本を出してもらって、目的のものを探すことができたから、収穫ありでちょっとうれしい。
ついでに館外貸し出しカードも作ってもらいました。貸し出し期間は2週間だけけれど、こんなところで本を借りると返すのはちょいと大変だけれどね。

あかいはみどり?!

近くにあった「にのみや」が閉店して、いつのまにか「みどり」にかわった。改装工事をしていたのは知っていたけれど、いつ開店したのか。いつのまにか開店してる。それほどハデハデに開店記念セールみたいなことをやっているわけではないから、えらく地味な開店だね。

で、 ちょっとのぞてみたのですが、ふ〜ん?!特に何がという特徴があるわけでもない。ただの家電デパート。これが「売り」という感じのものがあるわけでも ないし、なんかようわからないけれど、ちょっとした雑誌とか、パソコン周辺のちょっとしたもの、そんな買い物にはそれなりかなという感じではありますが。

ちょっ と「なんかすごいか」と思ったのは、ああいう店で売っている最近の「パソコン」のディスプレイ、液晶なんだけれど、むちゃくちゃ画像がきれいです ね。でも、それでもしつこくよく見ると、「文字部分」はにじみがあって、あまりきれいではない。私はディスプレイを選択するときは「文字」のほうを選択の 基準におきたいけれど、最近はどうなんかなぁ。

月曜日, 6月 20, 2005

私のWebPageは

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/jeanne

高枝切り鋏!

テレビショッピングでよく出てくる商品に高枝切り鋏というのがある。しかし、まあ、こういうものは通常の生活にはあまり必要なものではないでしょうが、たま〜に、それこそ、たま〜に、「あ、その作業には高枝切り鋏があれば」なんてことがあるようだ。

うちの台どころのベランダの前に「びわの木」があって、これが見事に実をつけているのだ。しかし、「高いところ」で実がなっているために実がとれない。誰 かれとなく試しているようで、いつのまにか下のほうの実はほとんどなくなって、上のほうにだけ実がたわわに残っている状態。鳥がやってきて、つついている のをときどき見ますけれどね。
たぶん、み〜んな思っているんだよ、「ああ、高枝切り鋏があれば」って。でもさ、そんなことのためにだけ買うわけにもいかんもんね。

このびわの木、数年前に某住人が植えたもの。あまり人から好かれている方ではなかったので、そりゃまあ、ひところはこのびわの木を見るたびにあれこれ言う 人がおられましたけれど。でも、もうなんでこんなところに「びわの木」があるのかといういきさつなど、誰も気にもとめなくなったようだ。

土曜日, 6月 18, 2005

本屋あれこれ

ふうう、今日は暑い!
このところ古本市場とかBookOffをあちこちのぞきに行ってる。うちの近くに3軒もあるんだもんね。その3軒ともフロアー面積はでかいし、まあ、あき れるほど、新・古本が並んでる。文庫本なんかは100円ほどで買えるけれど、やっぱりなかなか買えませんわ。だって、自分が売った本をまたも買いそうで恐 ろしくなる(笑)
こうなると、ほんと、町の小さな書店にとってはなかなか厳しい状況ですよね。昨日、ちょっと小さな本屋をのぞいたら、ああ、文庫本の背がやけて、新刊の本 屋なのに、なんだか古本屋みたい。こうなると、新・古書店のほうがきれいな本を置いていたりしてね。難しいもんですね。新古書店のレジの奥では、アルコー ルで本掃除してたもん。
でもさ、どういう本屋であれ、「欲しい本」「見たい本」がなかなかないというのが辛いところ。いま、実はほんとは古本屋めぐりをしたいんだけれど、古本屋が消えてしまったものね。